私は何度か転職をしています。

自分の勤めていた会社の経営が危なくなった話
自分の勤めていた会社の経営が危なくなった話

私は何度か転職をしています / 33歳 男性

私は何度か転職をしています。そのうちの2、3回は、実際に会社の経営が危なくなり、給料の遅れも発生した故の転職が原因です。

初めて経営が危なくなったのは、2回目の転職先でした。
1度目に転職した会社の事業部長が、独立をして新たな会社を作ったところに私も入社しました。
初めは仕事もあり、経営も順調だったのですが、社長が私用に会社の金を使い込み始めたのが全ての始まりでした。
それから数年のうちに経営が追いつかず、私を含むほとんどの社員がその会社を去りました。

その後、私は一度フリーランスで働き、その後にまた知り合いのつてで新規の会社に入社する事にしました。
そこも仕事自体は上手くいっていたのですが、社長が畑の違う出身(開発会社だったのですが、社長は営業専門)だったためか、仕事も社長の知り合い等から取ることが増え、同時に採算の合わない仕事ばかり増えることになりました。
仕事はあるものの赤字の仕事ばかり。当然、経営は立ちいかず、そこの会社も今やほとんど元の原型を留めていない営業をしています。
それから、私は二度とこんな目に合わないように、慎重に慎重を重ねて会社選びをし、今の会社で仕事をしています。


Copyright(c) 2017 自分の勤めていた会社の経営が危なくなった話 All Rights Reserved.