自分の勤めていた会社の経営が危ないかどうか、そこまでの地位ではない一般サラリーパーソンの自分には、なかなか知りえないものです。

自分の勤めていた会社の経営が危なくなった話
自分の勤めていた会社の経営が危なくなった話

自分の勤めていた会社の経営が危ないかどうか / 39歳 男性

自分の勤めていた会社の経営が危ないかどうか、そこまでの地位ではない一般サラリーパーソンの自分には、なかなか知りえないものです。
ですが、一時、積極的に会社の方から好条件の「自主退社のススメ」の掲示板が出た時には「もしかして自分の会社は危ないのかな、大丈夫なのかな」と非常に不安になりました。

その時、退社を希望した人は少なかったようで、その後上司から何人かに直接そういう話があったようで、しばらくすると社員の数が少し減っていました。
もしかして経営が危なくなっているのかも、と不安を抱きながらも、平社員としては必死に自分の仕事をこなすことしかできず、直接そういう話も自分に来ないことから、不安だけが先行して、当時は自分もちょっと精神的に不安定だったと思います。家族にはそういう状態を知らせることはできないし、景気の回復に伴い良くなるだろうと、希望的観測を抱いて必死に働きました。

その結果、会社の経営も改善して、業績がアップしたようだと噂で聞いた時には、本当に久しぶりにゆっくり睡眠をとることができたのを良く覚えています。

おすすめリンク



Copyright(c) 2017 自分の勤めていた会社の経営が危なくなった話 All Rights Reserved.