学生時代の知人が勤めていたベンチャー企業が、実際に倒産したということがありました。

自分の勤めていた会社の経営が危なくなった話
自分の勤めていた会社の経営が危なくなった話

学生時代の知人が勤めていたベンチャー企業が / 39歳 女性

学生時代の知人が勤めていたベンチャー企業が、実際に倒産したということがありました。

従業員十数名程度の小さな会社なので、経営状態についての説明はないまでも、なんとなくおかしいというのは、従業員全員薄々気づいていたそうなのですが、とうとう給料が支払われなくなり内情が発覚したのだそうです。
その後、数か月にわたる無給状態の後、結局倒産して解雇されたそうなのですが、無給になって尚、社長からの説明は無く、知人が「会社がもう駄目なら給料はいらないので、辞めて次の職を探したい」と申し出ても、「待ってほしい」の一点張り。結局、倒産後の残務処理まで無給でしての解雇だったそうです。

小さな会社のことで、社長にしたら家族のように考えていたのか、はたまたまだ立て直せると信じていたのか、格好つけたかったのかよくわかりませんが、泥をかぶった知人はじめ従業員の方には「お疲れ様」の一言です。
ただ、知人はこれを期に結婚、今は2児の母になっていますから、悪いことばかりでもなかったのかなと思います。

おすすめリンク



Copyright(c) 2017 自分の勤めていた会社の経営が危なくなった話 All Rights Reserved.