以前は、学校を卒業して会社勤めを始めれば、一生同じ会社で仕事をするのが当たり前でしたが、最近では働き方も昔とは変ってきて、自分に合う仕事を見つけるために転職を繰り返す人も

自分の勤めていた会社の経営が危なくなった話
自分の勤めていた会社の経営が危なくなった話

以前は、学校を卒業して会社勤めを始めれば / 37歳 女性

以前は、学校を卒業して会社勤めを始めれば、一生同じ会社で仕事をするのが当たり前でしたが、最近では働き方も昔とは変ってきて、自分に合う仕事を見つけるために転職を繰り返す人も多いようです。
いつ自分の会社が無くなるか、分からない時代です。
自分自身を日々スキルアップして、いつでも転職できるようにしておけば、きっと将来の為にも良いことでしょう。
自分自身も転職経験があります。一度は勤めていた会社が破綻してしまった時です。
入社当時は景気が良く、仕事もたくさんあって社長とも上手くやっていましたが、いつの頃からか社長が色々な取引に手を出し、経営が危なくなっているという話を耳にするようになりました。
お給料の支払いが滞り始めたのをきっかけに転職を考えるようになり、ちょうどそのタイミングで他の会社からお誘いの話を頂いたので、思い切って転職をすることにしました。

結局、元々居た会社は経営破綻してしまったのですが、最後まで会社にいた方は、会社の最後の処理に大変苦労されたと聞きました。
理由はあるでしょうが、何か経営が上手くいってない雰囲気を察知したときは転職も一つの手段だと思います。


Copyright(c) 2017 自分の勤めていた会社の経営が危なくなった話 All Rights Reserved.