僕はこれまで色んな仕事をしてきました。

自分の勤めていた会社の経営が危なくなった話
自分の勤めていた会社の経営が危なくなった話

僕はこれまで色んな仕事をしてきました / 38歳 男性

僕はこれまで色んな仕事をしてきました。
その中でも一番印象に残っているのが、製造業の工場で働いたことです。
理由は、僕が入社して半年くらい経った頃に、会社の経営が危なくなったことがあったからです。

それというのも、会社で不祥事があり、マスコミでも大きく取りあげられるということがあったのです。
僕はニュースになった当日まで知らなくて、突然工場のラインが止まり、待機するように言われ、休憩室のテレビのニュースを見て、初めて会社に不祥事があったことを知りました。
それから会社は数か月営業停止になり、工場での生産もストップしました。

正直、僕はもうこの会社は終わったなと思いました。

しかし、数か月後営業は再開されました。
営業停止の期間も、会社はきちんと給料を払ってくれましたし、自分もこの苦しい状況を打破できるよう、少しでも力になれるようにと頑張りました。
その会社は、自分の引っ越しを機に退職しましたが、今でもすごく印象に残っています。


Copyright(c) 2017 自分の勤めていた会社の経営が危なくなった話 All Rights Reserved.