私は食品関係の小さな会社で働いてたのですが、数年前からニュースになり始めた不正表示や食品疑惑の影響で売上がどんどん落ちてきて、会社の経営もかなり危なくなってきたんです。

自分の勤めていた会社の経営が危なくなった話
自分の勤めていた会社の経営が危なくなった話

私は食品関係の小さな会社で働いてたのですが / 34歳 女性

私は食品関係の小さな会社で働いてたのですが、数年前からニュースになり始めた不正表示や食品疑惑の影響で売上がどんどん落ちてきて、会社の経営もかなり危なくなってきたんです。

倉庫には毎日大量の返品が届くようになり、得意先からの注文も大幅に減少しました。
何か月も売上目標を達成できない月が続き、工場も臨時休業する日が増えていきました。
社内では、来月の給料も払ってもらえないかもしれないという噂が流れるようになり、私も毎月お給料が振り込まれるかどうか、不安になってました。

社長は資金繰りのために休みもなく飛び回っているらしく、銀行からの融資も断られて、金利の高いお金を借りてるらしいという噂まで立ちました。
そんな高利貸しからお金を借りるようになったら、もうこの会社はダメだろうなって思ったんです。
もし給料が払われないような事があったら、私も早めに会社を辞めようと思っていました。

そんな経営危機が1年半ほど続いた頃から、ニュースでも食品疑惑のことが騒がれなくなり、売上も徐々に回復していきました。
一時は倒産かと危なかったみたいですが、なんとか倒産の危機を乗り越えたみたいです。

おすすめリンク



Copyright(c) 2017 自分の勤めていた会社の経営が危なくなった話 All Rights Reserved.