私は旅行業界の資格である、総合旅行業取扱管理者の資格を持っています。

自分の勤めていた会社の経営が危なくなった話
自分の勤めていた会社の経営が危なくなった話

私は旅行業界の資格である / 52歳 女性

私は旅行業界の資格である、総合旅行業取扱管理者の資格を持っています。4年前まで地元の旅行代理店に会社員として勤務していましたが、経営悪化により廃業となりました。
経営が危なくなった原因は、忘れもしない2011年3月の東日本大震災です。

私の会社は東京都下にあり、直接の被災地ではありませんでしたが、当時は日本全国の観光業界に大きなダメージがありました。
地震発生のその瞬間も、私は翌日の団体旅行の確認をしていて、本当だったら30名を引率してイチゴ狩りに行く予定でした。

しかし、勿論中止になりました。
地震があったその日は、あまりに大きな出来事で先のことは考えられませんでしたが、その翌日から1週間、電話が鳴るたびに旅行のキャンセルばかり。キャンセルの応対で、あんなに忙しかったことは今でも苦い記憶です。
半年くらい先まで、ほとんど全ての予約を取り消すことになり、経営は一気に悪化。積み重ねてきたことが、本当に一瞬で消えてしまうんだな、と思い知りました。
\\同じ思いをした会社も多かったと思います。r\\nあれから紆余曲折あり、現在は平穏に暮らせるようになりましたが、きっと一生忘れられないでしょう。

おすすめリンク



Copyright(c) 2017 自分の勤めていた会社の経営が危なくなった話 All Rights Reserved.