今働いている職場がまさに危ない状態です。

自分の勤めていた会社の経営が危なくなった話
自分の勤めていた会社の経営が危なくなった話

今働いている職場がまさに危ない状態です / 33歳 男性

今働いている職場がまさに危ない状態です。

まず、一昨年の春に給料を20%カットされ、それだけで家計は火の車となりました。
ボーナスはもっと以前から徐々にカットされていき、5年前の入社当初は一年で4.7か月ありましたが、現在は3か月までカットされました。
私の場合会社の中枢をになっているのでまだましですが、他の社員はボーナスを全部カットされた人もいました。
特に、仕事が出来ないと判断された社員はひどいものでした。

パート職員も2年前は10人ほどいましたが、現在は2人だけです。
パートの選定は、どれくらい自由なシフトで働けるかと、年齢の若い人が最後は残りました。
客を頑張って増やしたら、また元の給料に戻ると社長は言っており、その見通しは2年後ですが、社員が減ったのに客を以前より増やすというのは、あまりに過酷です。

出来る限りのことをかなりのサービス残業でしていても、予定の客数には程遠い状況ですので、早くこの負の連鎖から脱却して、地に足のついた生活がしたいと思っております。

おすすめリンク



Copyright(c) 2017 自分の勤めていた会社の経営が危なくなった話 All Rights Reserved.