勤めていた会社の経営が危なくなったというのは経験したくないことですが、私は実際に経験したことがあります。

自分の勤めていた会社の経営が危なくなった話
自分の勤めていた会社の経営が危なくなった話

勤めていた会社の経営が危なくなったというのは経験したくないことですが、私は実際に経験したことがあります / 47歳 男性

勤めていた会社の経営が危なくなったというのは経験したくないことですが、私は実際に経験したことがあります。
以前、自動車整備の専門学校に勤務していたことがありました。
私が勤めていた頃は子供の数も多く、専門学校でも潰れることがないという安心がありましたが、今の時代はそうではないのです。
子供の数が減り、入学する生徒の数も年々減っていました。
全く経営が危ないという印象はなかったのですが、少しずつ経営が危なくなっていたようです。

経営だけでなく、運営にも問題があったようで、私が勤め出して十年ほど経った時に、経営者が変わるという結果になってしまいました。
当時、働いていた職員は私も含めてほとんどリストラされてしまいました。
そのような経験があってからは、経営状況を一番に考えて就職先を決めるようになりました。
会社の経営の問題で一番に影響を受けるのは、働いている私達です。
それを踏まえて、会社を見極める力が必要だと実感しました。


Copyright(c) 2017 自分の勤めていた会社の経営が危なくなった話 All Rights Reserved.