自分の勤めていた会社の経営が危なくなると、精神的にも辛いものがあります。

自分の勤めていた会社の経営が危なくなった話
自分の勤めていた会社の経営が危なくなった話

自分の勤めていた会社の経営が危なくなると / 29歳 男性

自分の勤めていた会社の経営が危なくなると、精神的にも辛いものがあります。
最初に勤めた会社は、為替の変動で経営が大変になりました。
最初の頃は、社員が会社の変化に気づき、多少噂話をする程度だったのですが、途中から早期退職を募るようになり、本格的に危ない空気が漂いました。
多くの人は、これからの人生がどのようになるのか不安で眠れなかったそうです。
私と一部の人は早期退職をし、別の道を歩みました。

為替の変動で苦労していた後に、多少経営が良くなったそうですが、私が入社した頃のような状態には戻らなかったようです。
元同僚に話を聞くと、経営が苦しくなった時に社内の空気が変わり、精神的にも大変だそうです。
何とか危機を乗り切っても、経営が苦しいとの主張で、社員の待遇が良くならないのです。
経営の危機は乗りきっても、人間関係の危機は乗りきれるか分からないと話していました。

経営が悪くなると空気も悪くなります。社内の空気をよくすることが、危機を乗り切るきっかけになると思います。

おすすめリンク



Copyright(c) 2017 自分の勤めていた会社の経営が危なくなった話 All Rights Reserved.