もう10年以上前の話です。

自分の勤めていた会社の経営が危なくなった話
自分の勤めていた会社の経営が危なくなった話

もう10年以上前の話です / 30歳 女性

もう10年以上前の話です。
とある医療関係の職場に新卒で入社しました。

地方出身の私は、家賃補助のあるこの会社に入社し、それに見合ったアパートを借りていました。

しかし、1年も経たずに、急に「経営が厳しいので来月から家賃補助を無くします」と…。地方出身の私は実家に帰る事は出来ません。数万円といえど、家賃補助を含めて契約したアパートだったのにとイライラしましたが、仕方なく了承。不景気なので転職は厳しいですし、入社まもない私に引っ越しのお金や他を賃貸契約するお金なんてありませんから。
数か月後、下っ端の私たち1年生社員は、他の業務と並行して来年度の新卒採用の求人書類を各大学などに送るようせっせと袋詰め。何とか作業を終え、面接もして内定、発送したと思ったら「経営が厳しいので内定は取り消します」との事。もう年度末近かったと思います。一度内定貰って喜んでいた学生は、さぞ焦ったことでしょう。他にも色々と酷い労働状況だったので、入社しなくて正解だよと言いたかったですが、こんなギリギリでそんな無責任な…とは思いました。
就職浪人するにもお金かかりますし。
その後、我慢ならずに退社したので、どうなったかは知りません。


Copyright(c) 2017 自分の勤めていた会社の経営が危なくなった話 All Rights Reserved.